かなやの麺づくり

kodawari01

おいしい笑顔がみたいから。

かなや麺業は、自然とよりそいながら、麺を製造しています。
お客さまに「おいしい!」と言っていただけること、そして「おいしい」笑顔を思い浮かべながら、
その製法をかたくなに守り、心を込めて製造しています。

 

 

kodawari01-1

日の出から

日の出と共に乾燥がはじまります。
麺も人も太陽に極められています。
 

 

 

 

 

kodawari01-2

生地づくり→熟成

日々の気温、湿度、小麦の状態に応じて水、塩を調整しながら、
もっちり、ねばりのある生地に仕上げます。
生地をねかせ、熟成させ、弾力が生まれるまで形成と足踏みを繰り返します。

 

 

 

 

 

 

kodawari01-3

生地を切る→延ばし

生地を円に延ばし、包丁で渦巻き状に切り、
一本に長くします。

 

 

 

 

 

 

 

kodawari01-4

生地を延ばす

長い生地を延ばし、太さの均等な細い丸麺に仕上げます。
細い生地を2本の棒に8の字にかけ、手で延ばします。
ここまで、小麦をこねるところから、丸2日かけます。
 

 

 

kodawari01-5

乾燥

半生状になるまで、天日干しします。
季節や転向によって、乾燥の時間は変わります。
さらに一晩寝かせて、完成!!
頑固職人が自信を持ってお薦めいたします。
※商品に限りがありますので、お早目にご予約を!!